LPガスは損なのか、得なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LPガスつまりはプロパンガスのことだが、賃貸住宅でLPガスを使用していると、他の燃料より割高だと聞いたことがある。
本当のことなのだろうか。
少し調べてみたのだが、あながちうそではないらしい。
特に新築の集合住宅や賃貸住宅の場合、燃料であるLPガスを供給する設備、施設の設置費がLPガスの使用料金に上乗せされていることがあるそうだ。
建物を建築するときにLPガスを使用するための配管等の設置費用をガス会社が支払うことでその建物全体の燃料を供給できるようになるし、建物を建てる方は自分の支払う建設費を抑えることができる。
ガス会社と建築主はギブ・アンド・テイクの関係といえる。
ただしガス会社は配管等の施設設置料金を払っているので、これをどこかで回収しなければならないため、実際のガス使用者へガス料金の上乗せという形で行っているということらしい。
そう考えると賃貸住宅の借主がただ損をしているような気がするが、燃焼効率の良さなどを加味して実際に使った燃料代を計算すると他の燃料との違いはさほどでもなくなってくる。
LPガスの震災時における供給力の強さ、速さは神戸での地震で実証済であり、二酸化炭素排出量も他の石油燃料に比べて少ないことがわかってきた。
地球温暖化対策にも有効な燃料なのだ。
料金が高い気がするからとただ敬遠するだけではなく、うまく使用量を節約することで料金を抑え、その他の良い面を活かすのも方法ではないだろうか。