不動産仲介料は気にしているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産を売買したり貸借したりする場合、不動産仲介業という仕事の方たちが大抵の場合関与する。
法律的なサポートが主ではあるが、その他にも物件の詳しい説明や契約成立、引渡し前、引渡し後に関しても様々なサービスをしてくれる。
特に物件の買い手および借り手にとって、売り手、貸し手に対しての大事な窓口となる。
さて、不動産業というと不動産管理業と不動産仲介業の大きく二つに分かれると思う。
その中でも仲介業でお金を生むためには不動産仲介料がほぼ唯一の方法といえる。
仲介という言葉でもわかるとおり、他人の不動産を第三者に売る場合、実際の売買についてお金は仲介者には発生しない。
そこで仲介手終了として売買契約成立に使った能力、時間、物質に対してお金を頂くわけだ。
ところが最近の賃貸住宅では不動産仲介料を無料にしている場合がある。
考察するにこのようなことができるとすれば、貸す部屋を実際に所有している人、ないし会社が直接借りる人と契約に於ける手続きやその後のアフターケアーをするからだろう。
仲介料を取らなくても、部屋の賃貸料が確実に入っているので採算がとれるからだ。
とはいえ、普通の不動産仲介業者は仲介料によって仕事が成り立っているから、これがなくなることはないが、宅地建物取引業法(宅建業法)で上限は決まっている。
貸し手、借り手両方合わせて賃貸物件の月額借賃1カ月分だ。
必ず賃貸住宅を借りるときに事前に仲介手数料について説明されていると思うが、実際に月額借賃のどれくらいの割合になっているのか、確認してみる必要があるかもしれない。