賃貸住宅で家賃値引きはできるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に賃貸住宅を借りる条件として最も大きな要素が家賃だろう。
自分で賃貸住宅を探す時も検索条件としてまず金額を入れて探すのではないだろうか。
不動産情報にしっかり書いてあるから、借りる側として家賃は安くならない物と思い込んでしまっていることが多い。
しかし大手の価格設定がしっかり決まっている賃貸住宅管理会社の物件は別だが、多くの場合交渉次第で値下げしてもらえるらしい。
特に賃貸住宅の所有者と仲介をしてくれる不動産業者さんのつながりがしっかりしている場合は、多少なりとも融通してくれる場合がほとんどなのだそうだ。
つまり、せっかく気に入った物件を見つけたのに家賃の予算オーバーで諦めようとしているのなら、仲介業者の担当者に一度家賃の値引きができないか、所有者と交渉してもらうべきなのだ。
ならば初めから仲介業者の担当者から値引きができるかもしれないと教えてくれればよいのだが、そこはもともと所有者と仲介者との信頼関係に基づいたものなので、逆に言い出しにくいらしい。
借り手の方で「家賃の値引き交渉をしてもらえないか」と持ちかけてあげると、家主に対して話をしやすくなるそうだ。
とはいえ最終的には家主の好意が必要だから、100%いつも家賃の値引きが成功するわけではないので、お願いするにしてもダメ元という意識は持っておくべきだ。
他に敷金や礼金なども値引き可能な場合がある。
とにかくお金に関して一度は値引きの交渉をしてみる価値があるということだ。

住まい・賃貸情報